第5回 紫草(むらさき)と万葉の花展5/11~6/13:拡大開催!

昨年はコロナ騒動で中止となった恒例の「紫草と万葉の花展」が、何と1カ月を超える拡大開催となります。絶滅危惧種であり幻の野草ともいわれる紫草のちょうど開花期にあたるこの機会をお見逃しなく。以下画像は前回のものです。

〇極めて珍しい紫草(開花期)をご覧頂くことができました。特に第4回は、新元号の令和の拠り所として、万葉集への関心が高まっており、2 週にわたる土日を含む拡大開催といたしました。紫根染作品、その歴史や文化的な価値に関する資料他、約 120 種もの万葉植物と染色作品・小川町特産の和紙製品等の紹介、販売もいたしました。

〇NHKテレビ放映や新聞掲載の関係で遠方より新幹線でお見えになった方もいらっしゃいまして、大きな関心を頂きました。

 〇youtube記録動画:|会場全体:初日の様子|

【イベント案内】会場は、「万葉カフェむらさき」ではなく、小川町の「埼玉伝統工芸会館」です。5/11~6/13(ただし、休館日の月曜を除く)


万葉カフェむらさき

築140年の古民家において、万葉をテーマにした展示室+ショップ+カフェ営業を計画しています。例えば、古代米を用いたメニュー(カレーや焼きおにぎり…)、万葉の色を活かした草木染め、石けん、和紙アートなどなど提供してまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000